救える命があれば どこへでも

救える命があれば どこへでも

AMDA兵庫とは

ネパール母子病院 雄勝支援新聞記事

AMDA兵庫の活動

1998年、AMDA兵庫として発足し、この年に開設されたAMDAネパール子ども病院を一貫して支援しています。医療スタッフの派遣、現地での医療指導、ネパールの医師・看護師を日本に招いてのトレーニング、医療資機材や金銭的支援などを行うとともに、在日外国人の医療問題にも取り組んできました。
2007年、 AMDA兵庫県支部 として、正式にAMDAの支部となる。
2008年には、子ども病院を題材に、ネパールと日本の繋がりをテーマにした「ありがとぅね」という絵本を日本語・英語・ネパール語で作成し、2009年1月にネパールで行われた開院10周年記念式典で500冊を寄贈しました。この絵本は、入院している子供達や病院関係者に配布しました。
開院10周年記念式典には、本部・支部のメンバーが多数参加しました。また同病院の支援をずっと続けてくださっているフォークデュオのダカーポさんも参加され、式典では、同病院の応援ソングとなっている「命の花」をネパール語を交えてみんなで歌いました。
2010年、子ども病院の歩みをまとめたDVDを作成し、同病院支援の広報ツールとして利用するとともに、産婦人科病棟増設のための資金集めを行ってきました。
新産科病棟は2013年に完成。また2014年1月17日には、 AMDA兵庫県支部 の支援により「患者家族棟」が完成しました。それまで病院の廊下や床に寝ていた患者家族がゆったり過ごせ、調理も出来るようになりました。2014年4月から、アムダグループの一員として組織は独立し、「AMDA兵庫」として引き続き、様々な活動を行っています。

 

最新のお知らせ

AMDA兵庫会員募集

AMDA兵庫の理念と活動に賛同される方は、年会費をお支払いいただくことでどなたでも会員になることができます。

AMDA兵庫の活動には、みなさまの継続的な御支援が欠かせません。
AMDA兵庫の理念と活動に賛同される方は、年会費をお支払いいただくことでどなたでも会員になることができます。
会員募集詳細

寄付の受付

AMDA兵庫の活動は皆様からのご寄付によって支えられています。

AMDA兵庫の活動は皆様からのご寄付によって支えられています。
皆様のご希望に合った方法でご支援ください。
寄付の詳細

定例会のお知らせ

定例会開催場所

毎月第1土曜日 16:30~18:00
毎日新聞神戸支社3階
アクセス:神戸市中央区栄町通4丁目3‐5